インフォメーション&ニュース

Home > インフォメーション&ニュース > そろそろ夏バテが。。。

そろそろ夏バテが。。。REPORT


 
 
猛暑日が2週間続いていますが、そろそろ夏バテ症状を起こしているかたがチラホラ出て来られました(^^;)
 
 

夏バテの大きな原因:トップ1

 
 
 冷たい飲食の取り過ぎ
   
  

 
 

 
 
アイスやジュース、そしてキンキンに冷えたビールや酎ハイ、素麺やざるそばなどなど、、、
 
 
  分かります!!
  分かるますとも。。。
  
 
お気持ちは痛いほど分かります。こう暑いとついつい手が出てしまいますよね~、内緒ですけど、私もここ数日アイスのお世話になっています( ;∀;)
 
 
しかし、なんでもそうですが、過ぎると体調を崩すのでいけませんね。
  
   
冷たい飲食は胃腸をダイレクトに冷やしたり、消化液を薄めたりして胃腸機能(消化吸収力)を著しく低下させてしまいます。
 
  
その結果、下痢や軟便を起こしてしまい、身体に必要な栄養が体内に吸収されずに栄養不足になって夏バテを引き起こしてしまいます。
 
 
なんか、身体が重ダルイ。。。軟便・下痢。。。という方(私?)は既に夏バテを起こしているかもです💦
  
 
「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」などの漢方で胃腸を立て直して、しんどいのを脱したい時には「バランスターWZ(カキ肉エキス)」がほんと立て直しが早いですよ~。
 
 

夏バテの大きな原因:トップ2

 
 
 クーラーで冷え冷え
   
   

 

 
 
こう暑いと熱中症の予防にもクーラーが絶対必要です。
 
 
しかし、それぞれ適温にクーラー温度を設定できるならいいですが、家族や職場で体感温度も違い、どうしても女性やもともと冷え性の方は「身体の芯まで冷え切って」しまいます(-_-;)
 
 
その結果、胃腸の調子や自律神経などを崩して夏バテになってしまいます。
 
 
夏の冷えは、冬の冷えより自律神経を乱しやすく、生理痛や腰痛や関節痛、膀胱炎なども夏の冷えで起こしやすくなります。
 
 
その証拠に、夏に腰痛が悪化する、生理痛などの痛みが悪化する、膀胱炎になりやすいって方が多いんです。
 
 
また、ヘルペスの発症も多い気がします。ヘルペスも免疫が低下してノコノコと症状を出してしまいますが、それは身体が冷えると免疫も低下してしまうのが原因です。
 
 
そんな夏の冷えには、
   
   
「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」
「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」
「参馬補腎丸(じんばほじんがん)」

 
 
などの温める漢方と「バランスターWZ(カキ肉エキス)」がおすすめです(^^)/
  
 
特に「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」は、「飲むカイロ」と言われているくらい温める作用のある漢方で、体感も早く、うちのお客さまも「もう神!!!手放せない!!」とか「ほんと全然違う!!」などと言われる方が続出しています( *´艸`)
  
   

でも、漢方はいやー!!!

 
 

 
 
ってかたは、「バランスターWZ(カキ肉エキス)」がおすすめです!!
 
 
特にバテて食欲がない方は微量栄養栄養不足に陥っているので、「バランスターWZ(カキ肉エキス)」などの動物性の栄養が早いんですよね~(^^)v
 
 
私も漢方を飲み忘れても「バランスターWZ(カキ肉エキス)」だけは欠かさず飲んでいます☆
 
 
もちろん、夏バテなんてしていません(@^^)/~~~
 
 
真夏の真っ盛り、体調が~バテバテ~という方は、ぜひ、ケイアイ薬品健康相談所にご相談くださいね✨
 
 
体質や症状にあったものをご提案させていただきます。
  
  
2020年8月13日
・・・ケイアイ薬品健康相談所
・・・いそざきかおり